スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 2011年大阪街道塾-1回目 | 2011年大阪街道塾-2回目 >>

街道塾2011東京二回目ー小林レポ

遅くなりました!やっとアップ出来ました! 
2回街道塾(東京)のレポートです。 
花粉症で声変わりした尾仲さんと、塾生10名で行われました。 
阿佐ヶ谷にて。



1:湯浅さん 
木更津にて、モノクロ約20枚。 私も木更津気になっていたところです。

尾仲さん(以下、尾で省略いたします)「木更津のさびれた感じ出てるね。でも木更津行ったからって、港撮らなきゃいけないわけじゃないし、 写真はもっと自由でいい。昔はフォトショもなかったし、みんな実験的なこといろいろしていたよ。」 


2:かみやさん 

車窓からの風景を主に、カラー40枚。 以前と全然違う感じ。

尾「車窓からの撮影って、予期せぬものが写る楽しみあるよね。私はすごい確率で電柱撮ってるけど。 どんどん流れてくるものをリズム良く撮る。ゲームみたいだよね。」


3:高柳さん 

森、林の写真、モノクロ約12枚。 しっとりした独特なグレーのトーン。 

尾「モノクロは写っているものより、どうしてもプリントのトーンで見てしまうよね。 そのトーンでその人の作品だって認識する。このトーンでスナップ撮ったら、面白そう。」



4:松井さん 

足尾にて、カラー20枚。足尾の豆知識を尾仲さん披露。 

尾「どこがいいんだか分からないけど、とにかくいいんだよ!って写真あるよね。 具体的なものが写った写真より、捉えどころのない何気ない写真の方が惹かれる、ってよくある。」



5:鈴木さん  

カラー16枚。 主婦の買い物するポスター撮ったものを、みんなポスターだと気づかず。スナップだと思った! 

尾「だまされた!写真ってわからないよね。この写真だけ浮いてるもんね。 けど、こういうのが気づかないうちに次の作品のヒントになってるかも。」 




6:程田さん 

カラー約30枚。 お決まりの自分撮りも。

 尾「ガチガチに決めてないのが、程田さんのキャラクターにあっている。 作品を見せる=自分自身を見せる、と同じことだもんね。」


7:岡嶋さん 

ネガスキャンしたものを、インクジェットでプリント。 カラー約20枚。 

尾「違和感のある切り取り方、どうしてここ?ってところが、岡嶋さんの眼なんだよね。」 



8:私、小林さん 

浅草スナップ、途中でカメラが動かなくなり使い捨て買う。 カラー約30枚。 

尾「そろそろカメラを買いましょう。使い捨てカメラの気軽な感じが良かったんじゃない?(はい!) ザ・スナップ、みたいな一瞬のすれ違いを捉えた用な写真は、腕比べになってしまうから、 そういうのはもういいじゃない!」


9:曽根さん 

旅ものと日常と、カラー約20枚。夜を徹してのプリント! 

尾「前回の茶釜といい、金色にきらきら輝くもの好きだね。捉えどころのない風景。 何をどう、誰に見せたいのか考えてみるといいよ。難しいけどね。」 


10:五位野さん 

モノクロ約20枚。 今までのレンズを変えて撮影。

尾「良い意味でもそうじゃない意味でも、使い慣れてないレンズの不自由さが見える。モノクロやるなら、ぜひバライタで焼いてみて。難しいけど、RCと全然トーンの出方が違うから。」



以上、こばやしがお届けしました。次回は湯浅さん、よろしくお願いします!

街道塾2011東京 | comments(1) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

Posted by 程田耕平  at 2011/03/08 4:27 PM
小林さんレポートありがとうございました、
そして、小林さんか尾仲さん写真の添付ありがとうございます。
今月の街道塾の時は少しは花粉がよわまる良いのですが……

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

Trackback url: