スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 2011年大阪街道塾-3回目 | 街道塾東京2011 6月25日 >>

2011年大阪街道塾-4回目

 第4回 街道塾大阪2011。



以下、挙がった話題、気になった言葉を抜粋して掲載します。「」内は尾仲さんの発言。但し、会話の流れであったり、特定の写真を前にされてお話頂いた内容であることに留意願います。


久保さん

「こっちだとおじさんが主役になっちゃう」→説明的にならざるを得ない
「こっちは家の重なりが興味あるのかなて思う」→色んなことが全部まとめて入ってる。だから観る方もいろんなことを考えれる
「見る人によってそれぞれの知識があって、それぞれの感情や思い入れがでてきたらいいと思う」
「みんな違う(感じ方)ので、これが、、、ですよ!という出し方をしなくていい」

「こういうコミュニケーション以前の写真珍しいね」
「こんな風に乱暴に写っても、写真だと思うんですよ(絵だったらこんなふうにならない)。人の目はこんなふうに見ることないですよ。写真てそういうことを含めてある。逆の言い方すれば、うまく写らないことで、見た目と違うことで、人は写真を意識する。乱暴に撮っちゃっていいと思うんだよね」
「色んなこと撮らなきゃとアングルを探すと、また、作為的になっちゃったりして」


木澤さん

チョイスしてページごとに組んだものを持参
「面白すぎちゃうと、ばれちゃうんで」
「こういうの入れるかどうかだよね」
「これはいけるけど、これはわびさびになっちゃってるんで、、、。そのへん、もうちょっと植物系のがほしいね」
「この始まり方は高級感が。もうちょっとゆるいとこからはじまりたいですね」

(木澤さん『きりがないんです』)
「きりがないから一度まとめるんですよ」
「おかしくもなんともないもの、撮ってる方もこれ面白いのかな〜というところで、みせられるのがいい」


中川さん

「モノクロはトーンで決まっちゃうから」
「空間があるとその場の空気感が伝わるね」
「写真展を念頭にして、やっていきましょうか。目標設定することで50枚とか選ぶ枚数も決まってくる」

「ベタ見て優先順位決める」
「片っぱしから見て、付箋付けていくとか」
「ネガスキャンして軽いデータ作って、安いプリントだして並べていく」
「パソコンの画面上だと、リアリティ持ちにくい」


南さん

「人が来るのを待っている、これぐらい漠然と」
「こういうパノラマだったら結構かっこいいと思うよ」
「公園でのシリーズとかいつも行ってるとこでひとつまとめるのは面白いね。ひとつ自分のテリトリーをもつとやりやすいですよ」
「いつも見てるものから、見つけていく」

「私の思い、思い入れは20年後面白くならない。また、別の意味」
「面白いものを見つけるのではなく、ふつうのものをまっすぐに撮るのが、いいんだよ」
「記録として撮ってるわけじゃないんだよね」


三上さん

(三上さん『決定的じゃない写真をとろうと思って』)
「決まってるじゃん(笑)!」
(三上さん『結局セレクトするときに決まってるのを選んじゃう』)
「くずれたら面白いかというと、またちがうんだよな」
「こういうカード(角が丸い用紙)で作ると面白いものなんだろう、、、お地蔵様?」

「カメラを傾ければ、画は傾くわけで、意識してやるかどうか」
「写真てなにが写ってたって、ピントがあってようがなかろうが成立する。かっこいいなと思って撮ると写るんだけど、ほんとにかっこいいのか?ほんとにこれ面白いのか?」
「現代音楽は100年たっても、かっこいいままか?」
「見た人にどういうものをリアクションさせるかを想定することは大事」

「写真は本質的に、写っている『もの』だと思うんだよ」


吉村さん

「この枚数で見ることの面白さ」
「ここにカメラ向けてシャッター切る人がどれだけいるかですよ。大切なのはそこなんですね」
「写真にうまいとかへたとか、そもそもそんなことはつまらないことだということ」

「こんな身近なところにもまだ、誰も撮ってない世界が」
「『カメラ』のことじゃなく、『彼女の目』のことを撮ってるから」
「せっかくだから、もうちょっと写るカメラで撮ってみてもいいんじゃないか(雰囲気ぽくならないほうがいいんじゃないかということ)」


奥井さん

「6×6のフォーマットはどうしても構図が固まっちゃうんだよな〜」
「前回話した、おじいちゃんからもらったカメラで、という流れからするとこのあたりが(ピックアップ)」

作為の有無/個人的な目の面白さ→作品として誰かに見せようという思惑

「ひとつ仮想の実在しない人、シチュエーションの目で見ても楽しいかもしれない」
「混ぜ方で、難しくもなるし、ドブ川にもなる」
「年齢不詳、自分でプリントせずこのサイズで」
「実にばらばらで様々なものが写ってる。子供の目の面白さ」




今回はかなりキーワードが多い気がします(興奮)!!!
途中で、百々武さんもお越しになり、そのまま打上




次回の街道塾大阪は7月31日予定です。
次回はワークショップ前に森山大道さんの写真展をみんなで見に行きましょう!詳しくは、メールにて。
それでは次回も楽しみにしております。
 
- | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

Trackback url: